不要な中性脂肪を大幅削減!サプリメントで簡単ダイエット

ニュース一覧

余分な脂肪を減らすために

ウェスト

中性脂肪は自覚症状のないまま、三大成人病などの原因となりえる物質で、中性脂肪が高い人は、食生活の改善や適度な運動で改善する必要があります。また、中性脂肪はDHAなどの成分を含むサプリメントでも下げることができます。

読んでみよう

減らす方法があります

ボディ

中性脂肪が多い方にとって非常に魅力的な商品となっているのが、中性脂肪を減らす事が出来るサプリメントです。それらを購入するのであれば、まずはメーカーのホームページを色々と確認してみて、お気に入りの商品を見つけてみましょう。

読んでみよう

脂肪率を下げるサプリ

シニア女性

中性脂肪を減らすためには、DHAとEPAを含むサプリメントの摂取が手軽な方法です。また、これらのサプリメントの摂取と共に、食事制限や有酸素運動を複合的に行う事で、さらに効果的に脂肪率を下げる事が出来ます。

読んでみよう

おすすめの有効成分

ジョギング

EPAとDHAで血行改善

中性脂肪値を下げるためには、サプリメントで足りない栄養素を補うことが効果的です。中性脂肪値が上昇している原因は偏った食生活であることが多く、サプリメントで栄養バランスを整えることが非常に有効なのです。では、中性脂肪値を下げるためには、どのような成分が配合されたサプリメントを摂取すればいいのでしょうか。まず挙げられるのが、EPAとDHAが配合されたサプリメントです。青魚に含まれているEPAとDHAは、ドロドロになった血液を改善する効果があります。また、血管の老化を予防する効果もあり、血行改善効果もあります。血行を促進することで、血中の中性脂肪値とコレステロール値を改善するのがEPAとDHAの特徴です。

ポリフェノールで脂肪燃焼

中性脂肪値を下げるためには、ポリフェノールが配合されたサプリメントも効果的です。ポリフェノールは脂肪の吸収を抑制する効果があり、体内での脂肪吸収率を抑制してくれます。また、脂肪燃焼を促進する効果があるのも、ポリフェノールの特徴です。脂肪の吸収を抑えるだけではなく燃焼してくれるため、中性脂肪値が気になる方に非常におすすめです。また、玉ねぎに多く含まれているケルセチンも、中性脂肪値が気になる方におすすめです。中性脂肪は、生活習慣病の原因となります。動脈硬化を引き起こす生活習慣病は、心筋梗塞や脳卒中のリスクを大きく高めてしまいます。ケルセチンは心筋梗塞や脳卒中の原因となる血栓に効果があり、血管壁や毛細血管を丈夫にしてくれます。EPAとDHA、ポリフェノールで中性脂肪値を下げながら、ケルセチンで動脈硬化を予防するといいでしょう。