光る宝石

特別な贈り物を選ぶとき

指輪の中で最も特別な意味を持つのは、婚約指輪や結婚指輪である。
このため、結婚指輪や婚約指輪は、心臓が繋がっていると古代エジプトで思われていた、左手の薬指にはめられるのである。

はめる指が決まっているため、結婚指輪や婚約指輪の形状にも特別な意味を持たせる傾向にある。
同じ結婚に関する時に贈られる、結婚指輪と婚約指輪同士であってもデザインが微妙に異なるのはそのためである。

また、重要なのが贈る時期と資金である。
資金に関しては作り方でも変化し、作り方によって製作にかかる時間が左右される。

こうした様々なことを知り、適切な後悔しない指輪選びをすれば、きっと思い出に残る指輪をつくることができる。

オススメリンク

誓いを表す指輪

アクセサリーに関することは特に女性が詳しい。しかし、結婚指輪や婚約指輪は二人のもの。
このため、男性も二つの指輪が持つ特性を知り、指輪選びにその知識を役立てる必要がある。

詳細を確認する

披露の時期を逃さない

指輪を贈る時期を適切に選べば、今後の結婚生活の幸先を約束する演出ともなる。
このため、時期は適切に選びたいものである。結婚と婚約の儀式に合わせ、その時期から逆算することが大切となる。

詳細を確認する

指輪が象徴するもの

結婚指輪は結婚の場でお互いが交換するものである。それは婚姻の誓いであり、これから長い間家族として結ばれるという契約でもある。
古くは古代エジプトの時代から誓いのために作られたとされる結婚指輪の特性を知ろう。

詳細を確認する

変化する使い方

婚約指輪と結婚指輪のもつ意義は時代によって変化している。それはデザイン面にも現れる。
指輪を購入する資金は経済の状況も表すが、大事なのは気持ちであることを忘れないようにしたい。

詳細を確認する